キャッシングでの自己破産

急にお金が必要になった場合、キャッシングはとても便利なものです。定収入があって、信用情報にも問題が無ければ、その日のうちにまとまった金額を借り入れることができます。返済も、月々分割で行えます。しかしその便利さゆえに、つい使いすぎてしまうこともまた多いのです。最初は、このくらいの金額なら返済できると思ってキャッシングを行うわけですが、段々キャッシングに慣れて依存しがちになり、気が付いたら、とても自分の収入では返済できなくなっていた、そのようなケースもあります。このような時は、まずキャッシングをしている信用機関に行って、返済計画を見直してもらうのがいいでしょう。
それでも返済できない場合は、債務整理ということになります。債務整理は任意整理や自己破産など何種類かありますので、弁護士や司法書士と相談して、どれを選ぶかを決めるといいでしょう。任意整理は、一定期間内に債務額を返済するものですから、比較的収入の多い人にお勧めです。もし低収入が無い、あるいはあまり生活に余裕がない場合は、自己破産となります。自己破産は、裁判所に破産申し立てをして、その後免責が下りるのを待つことになりますが、個人の場合は申立とほぼ同時に免責が下り、その時点で借金から解放されます。ただ自己破産の場合は、金融業や士業などの場合は一定期間仕事ができませんし、破産後7年間はローンを組むことや、クレジットカードの新規作成ができませんので気を付けてください。また官報に名前が掲載されますが、これは自分から言わない限り、まず気づかれることはありません。